Be Pure, Be Fresh

ゲイの大学院生が日々を綴りながら,人としての生き方を考える

かるかんの恋の話(1)

こんばんは、かるかんです。


前回の記事、さっぱりレスポンスないものかななんて思っていたのですが、思っていたよりもいただけてうれしかったです!

今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m


うれしくて今日も更新します〜


さて、今日はお彼岸だったので、ちょっくらお寺参りだけして家に帰ると、僕の部屋のベッドに寝っころがって妹が彼氏と電話してる……(・_・;


べっ、別に、お兄さん、うらやましくなんてないんだからねっ……!泣


という余談は置いておいて、今回の話題は、かるかんの恋について。


恋。


といって派生してしまうのは、星野源


またまた脱線してしまいますが、かるかんって見た目どんなん?ってもし思われたとしたら、


あれです、系統としては……


うそ太郎。


鼻にほくろはないんですけどね(^_^;)

(間違っても塩顔イケメンな顔してる時の星野源ではないっす……泣)


ちなみに背丈は160cm台前半でございます。

闇の院生生活でおっさん化進行中です……。笑


余談が過ぎました、すみません。笑


私うそ太郎、じゃなくてかるかん、この2年くらい恋をしておりました。


年は僕よりも少し上なのですが、かっこいい系というよりはかわいい系で、いつもニコニコしてるBさんという方でした。


あんまり一目ぼれとかないんですが、Bさんについては初めてお会いしたときから「すてき!仲良くなりたい!」と思い、話すとなんだかドキドキするし、わりとすぐ好きになってました。笑


あんまり男臭さがなくて、少し中性的な感じもしたので、ちょっとだけ淡い期待をしてしまったんですよね。

要するに、こっちの人だったりしないかなって。


しばらくしたあるとき、飲みに誘っていただいたんです。それもさしで。


とにかくうれしかったし、楽しかった。

もう速攻で次回をおねだりしましたよ(迷惑)。


でも、1か月後くらいにもう1度さし飲みをしてくださいました。


そこで聞いてみたんです。さりげなく。「彼女さんとかいるんですか?」って。


そしたら、「いるよ。」って。


もう撃沈です。あー早かった。

そりゃそうだ。こんなお方、だれも放っておかないよね。


でもかるかん、以前にノンケに長ーい片想いをしていたので(これは後日書きますね)、早く終わってよかったなという思いもありました。


それからしばらくは、恋に煩わされることもないですからね、仕事が捗る捗る。

(あの頃の捗り具合が今ほしい。笑)


でもあれ?2年とか言ってなかったっけ?

そうなんです。続きがあります。


院生だと研究データを学会発表することが年に何回かあるのですが、地方開催の学会でBさんが一緒だったんです。


それもまた思いがけず、学会期間中に行動を共にすることが多かったんです。

飲みにも行きました。またまたさしで。


そこでお互いのそれまでの経験とか話をして、お互いよく知れたし、ちょっと信頼関係が深まったんです。


それから、プライベートで定期的に遊ぶようになりました。

しかも、Bさんの家にも泊めていただけるようになって。


もうこんな幸せってないですよね。

大好きな人とお家デート。笑


旅行にも一緒に行ってくれました。

本当に楽しい時間でした。


でも、うぶな僕には麻薬のような刺激で。

存分に遊んでもらって解散になると、さみしくて……。

次はいついつねって必死に約束取り付けてました。


さて、ちょっと長くなってしまったので、続きはまた書きますね。


今日は低気圧のせいかちょっと頭の痛い、かるかんでした!

おやすみなさい(^^)