Be Pure, Be Fresh

ゲイの大学院生が日々を綴りながら,人としての生き方を考える

いとあはれなる再会

まずは近況。
ひと段落して、GW満喫しております。

 

まずは、はじめてゲイバーに行きました。

じじさんとの初リアルで、連れていっていただきました。

(じじさんとは共通の話題も多くて、なんだか初対面な感じがしなかったです)

 

新奇事象が苦手なので、ちょっと緊張して行ったのですが、じじさんがとてもやさしくリードしてくださり、楽しく過ごすことができました。

また行きたいです。どなたか一緒に行ってくださいm(_ _)m

 

その後は、ココロによく効く秩父に行き(写真はそのときの)、景色と食べ物を満喫したりなどして過ごしています。

(西武のCM、とてもよいんですよね、すっかり策略にはまりました。ちちんぶいぶい!)

 

日ごろがんばるためには、たまにはこういうリフレッシュも必要よね。

 

f:id:karukan92:20180505000329j:plain

 

===
さて、今回の本題です。

 

もう1か月ほど前のことになりましたが、高校の友人の結婚式に出席してきました。

そこで、告白して以来会えていなかった親友Tと、8年ぶりに再会しました。

 

結論から言うと、とくに気まずいわけでもなく、会ったら意外とすんなり話ができました。

というか、やりとりが昔のまんま。「そうそう!この感じ!」という、懐かしさ。

 

実はめちゃくちゃ緊張していったのですが、杞憂でした。よかったよかった。

というのも、1年前くらいにも同級生で集まる機会があったのですが、カミングアウト済みで僕とTとの関係を知っている友人伝いで、Tは僕に会いたくないためにそのとき参加しなかった旨を聞かされていたのです。

だから、Tも相応の覚悟をもって来たものと推測しました。

 

式が終わって、帰り道、また2人きりになる時間が10分ほどありました。

もう、本当に、夢のような時間でした。また会えるなんて思ってなかったですし。

 

そこでは、主にお互いの仕事の話をしました。

理系の彼は、大手に就職して機械設計の仕事をしているそうです。

ものづくりのプロ、ああかっこいい。

(そんな彼の話を聞いて、僕はものはつくれないけど、国民の健康のためにがんばろうと思いました。笑)

 

実直で、芯の強いの彼のこと、やっぱり好きでした。

もちろん、なにか発展があるなんてことは期待してません。

でも、連絡先も交換してくれて、彼とまた友達に戻れたようです。

本当に、うれしかった。どれほど、この日を待ち望んだことか。

いとあはれなり。

 

彼は地方勤務、僕も夏に近くまで行く予定があるので、そのときにまた会おうという話もしました。

また彼に、胸を張って会えるように、後ろ指を指されないようまっとうに生きていきたいと思います。

 

===

編集後記。

 

彼と会うのは実に8年ぶりでしたが、とてもそんなブランクは感じられませんでした。
とはいえ、よく考えると、8年という月日は長い……。

8年前の当時、まだ民主党政権で、なんと鳩山内閣の時代です。

今日までの間に、スマートフォンが普及したり、スカイツリーができたり、夏のオリンピックも2回終わったりしているわけです。

 

高校卒業時なので、当然まだ未成年だったわけですが、「もうアラサーだね」なんて話もして。お互い歳とりました。

「Tはアラサーになってもかっこいいよ!というかむしろ大人の魅力が増してすてきだよ(*´∀`*)」

などと、こころの中で叫んでいるのでありました。